スロットゼロ

複数のシステムからデータを取り込み、加工、書き出しを行う

ETLとは、複数のシステムやデータベースに蓄積された膨大なデータを、様々なシステム間で連携・活用するため、「Extract (抽出)」「Transform (変換)」「Load (書き出し)」するツールです。一般的に、DWHにデータを保存する際の前処理として使用されます。 データソースが複数あるうえにデータ自体も大量な場合や、処理速度が遅くて業務に支障をきたす場合などに不可欠なツールです。

ETL製品・サービス導入メリット

非エンジニアでも直感的な操作でシステム開発でき、開発工数やコストを削減

高品質な統合データを実現

DWH、BIツールと連携し、だれもがデータ分析・活用できる環境を提供

サービス

お客様が実現したいことに寄り添ったご提案をいたします。
少しでも気になることがございましたら、まずはジールまでご相談ください

Webでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム